インプラント

インプラントとは?

初めに、インプラントとは身体の中に埋め込む医療機器や材料の総称を指します

歯科の場合、歯を失った場合に顎の骨に埋め込む人工歯根のことをインプラントと呼び、前述したインプラントの1つになります。正確には、歯科用インプラント(デンタルインプラント)と呼ばれます。

一般的に言われている「インプラント」は、歯科用インプラントの意味で用いられることが多いため、以下、歯科用インプラント=インプラントという言葉で説明します。

虫歯や歯周病、外傷により歯を失ってしまうことがあります。また場合によっては、先天的に歯が無い方がいます。上記のように、歯が無い顎骨の部位にインプラントを埋入させ、そのインプラントに人工歯(クラウンや義歯)を取り付ける治療方法を、インプラント治療と呼びます。インプラント治療は、1本だけ歯がなくなった場合から、全ての歯がなくなった場合まで適用できる治療方法です。

インプラントはこのような方に有効です。

ブリッジ治療で、両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方

ブリッジ治療を行う場合、ブリッジの土台として利用する歯を、虫歯が無くても削る必要があります。

状況によっては、歯を削るだけでなく歯の神経に対する処置を行う必要があります。歯の神経に対する処置をした歯は、処置していない健康な歯より脆くなります。一方で、インプラント治療であれば、隣の歯を削らずもしくはごく少ない削除量で、失われた歯を補うことができます。

一番奥の歯を失いブリッジ治療が行えない方で、入れ歯治療に抵抗のある方

失われた歯の両隣の部位に支えとなる歯がない場合、ブリッジ治療を行うことができません。つまり、一番奥の歯を失った場合はブリッジ治療を行うことができず、部分入れ歯の治療かインプラント治療のどちらかを選択することになります。入れ歯治療を行うこと、入れ歯を使用することに抵抗を感じる方は、インプラント治療が有効です。

入れ歯を使用しているが、不満や不具合のある方

入れ歯は、異物感を感じる方が多く、それにより不満に思う方も多くいます。入れ歯が合わずすぐに外れたり、しゃべりにくく感じたり、入れ歯のバネが見えてしまい審美性が劣る場合もあります。

嘔吐反射が強く、長時間の装着が難しい方もいます。総入れ歯の場合は特に、硬いものを噛んで歯肉に痛みを感じる方もいます。これらの不満を感じる方には、インプラント治療が有効です。

インプラント治療を行う条件

インプラント治療は外科的手術を伴う治療です。また、インプラント治療を終えた後も、継続的に十分なケアが必要になる治療です。継続的なケアを行えない方やメンテナンスに通うことができない方は、積極的にインプラント治療をお勧めすることはできません。

また、以下の方は主治医と相談の上治療の可否を決める必要があります。

  • 高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患のある方
  • 喘息等の呼吸器系疾患のある方
  • 腎臓や肝臓の機能障害のある方
  • 糖尿病や骨粗鬆症等の疾患のある方

治療に際しては医師と歯科医師の医療連携が特に重要になります。そのため、全身的・内科的疾患が重篤な場合、インプラント治療を行うことができない場合があります。また、現在服用している薬によっては、インプラント治療が適さない場合もあります。

インプラントの埋入を予定する部位に、充分な骨量が存在しない場合には、インプラント治療を行えない場合があります。

インプラントを埋入する手術前あるいは埋入手術と同時に顎骨の骨量を増やすための手術を行うことで、インプラント治療が可能になる事がありますが、患者さんの負担は増加します。

さらに、歯周病が進行している方や喫煙者は、インプラント治療後の残存(生存)率が低下することが知られています。

重度の歯周病の方は歯周病の治療を優先して行いますが、結果によってはインプラント治療が適さない場合があります。

また、喫煙者の場合は減煙もしくは禁煙した後に、インプラント治療を受けることをお勧めします。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリット

  • 義歯の固定が強固である。
  • 入れ歯よりも咀嚼能力に優れている。
  • 骨量の減少を抑えられる。
  • 審美性の高い(見た目の良い)歯(人工歯)を装着できる。
  • 歯を大きく削ったり、義歯を安定させるための装置を付けたりせず、残っている歯への負担を少なく治療をおこなうことができる。
  • 義歯装着の違和感が少ない。

インプラント治療のデメリット

  • インプラント埋入手術を受ける必要がある。
  • 全身状態により、治療が受けられない。
  • 治療期間が長い。
  • 治療費が高額である。
  • 天然歯と比較して、細菌感染に弱い。
  • インプラント埋入予定部位に骨量が少ない・骨質が劣る場合、治療が困難になる。
  • 治療後にトラブルが発生した場合、その解決が難しい。

インプラントの治療期間

インプラント治療に費やす期間(治療開始から治療終了までの期間)は、 患者様の状態により大きく異なります。顎骨にインプラントを埋入してからインプラントに骨組織が結合するためには、一定の期間が必要になります。

この期間の長さは、インプラントを埋入した部位の顎骨の量・質・状態に大きく影響されます。また、インプラント治療部位への骨量を増やす手術が必要な場合、さらに治療期間が延びます。

個々の症例により治療期間が大きく変わるため、インプラント治療を受ける際には、治療期間についても十分に説明を受けてから治療を受けるようにしてください。